あんこうは冬が旬です

あんこうと言えば  糸魚川

 

刈羽村よりもう少し南に進むと糸魚川市があります。

糸魚川と言えばあんこうが有名で、あんこうと言えば冬が一番美味しい時期です。

あんこうは見た目はグロテスクですし、グニャグニャして不思議な魚ですが、とても美味しいですよね。

dd0510cb55b16152aef06706dffd1931_s

一般的なのはあんこう鍋ですが、他にもから揚げ、煮付け、ブイヤベース、ひれ酒など様々な料理があります。

ご覧になった方はわかると思いますが、アンコウは身がとても柔らかいので、口から胃の中に水を入れて吊るしてさばくんだそうです。

よくあんこうの吊るし切りというものですね。

それからあんこうの七つ道具という言葉もあります。さばいて、肉、肝、水袋(胃)、ぬの(卵巣)、えら、ひれ、皮の7つに分けるのですが、それをあんこうの七つ道具と言います。

尾びれ、ほお肉、あごも食用にされるということですから、頭と骨以外は全て食べられるんですね。

29538159a3d1290a684ff96952f28dbd_s

 

ちなみに私はあん肝が大好きです。

でも、食べるならやはり飲食店や料理屋さんがいいですね。
以前、スーパーで売られているあん肝を買ってきて自分で調理したのですが、やや生臭くてあまり美味しくなかったです。
以来、自分ではせずにもっぱら出掛けたときに食べるようにしています。

話は逸れますが、初めての食材を食べるときは、本場の平均以上の評判のお店で食べるのがいいですね。
以前、宮城を訪ねたときに「本場のほやを食べてみなさい」と言われて食べてみました。

入ったお店は料亭に近い高級店です。それが実に美味しかったんです。
実は仲間と飲食店のマーケットリサーチをしていたので、その後、数軒まわりました。

そして別のお店で、もう一度ほやを注文しました。
正直言って、最初のお店で食べてものとは比べものにならない味で、これが最初の体験なら「ほやはまずい」と思ったことでしょう。

どんな食材でもそうですが、初めて食べる時には地域やお店を選ぶのがいいなと感じた次第です。

 

話は戻りますが、あんこうと言えば、水揚げでは茨城が有名ですが、新潟県の糸魚川で水揚げされるあんこうは日本海の冬の荒波にもまれて育ったあんこうはとても美味しいと評判です。

糸魚川では漁港で水揚げされたあんこうがしないのお店や旅館などで味わうことができるようです。

「東のあんこう、西のふぐ」と言われる程ですから、旬の時期に新潟にいらっしゃったら、是非食べてみてください。

 

柏崎・刈羽でホテルをお探しなら

ホテル名称  宿 刈 (やどかり)
住   所  〒945-0315 新潟県刈羽郡刈羽村上高町甲173
電   話  080-2358-1933(女将さん携帯)

カテゴリー: information パーマリンク