新潟の冬の味覚はズワイガニ

ズワイガニはこれからが旬

ズワイガニの猟期は新潟県以北(北海道を除く)では10月1日~翌年の5月31日でまさに冬の味覚なんです。

ズワイガニ

茹でカニは一番ポピュラーな食べ方ですが絶品です。

そのほか、かにしゃぶ、焼ガニを始め、いろいろな料理に姿を変えて私達を楽しませてくれます。

さて、そんなズワイガニですが、ご存じの通り地方によって呼び名が違います。

新潟ではズワイガニですが、山陰地方や兵庫、京都では松葉ガニ、福井県では越前ガニ、他にも加能がに、せいこがに、香箱ガニなどなど。

 

さて、ズワイガニを美味しくいただくための秘訣が2つあります。

1つ目は紅ズワイガニとの違い

ズワイガニは高級ガニで結構いい価格ですが、同じように並べられて格安のカニがあります。

おそらく紅ズワイガニだと思われますが、見分け方は難しいようです。

そこで一番簡単な見分け方は、お店の人に聞くこと。

よほど酷いお店でなければ正直に教えてくれるはずです。

その、紅ズワイガニですが、とても繊細な味で決してズワイガニに引けを取るものではないと思っています。

ただ、調理にはコツが必要なようで、これもお店の人に率直に聞いてみましょう。

その上で、ご自分の好みに合うのであれば、とてもおすすめのカニとなります。

 

もう1つ、それは身の入り方のチェック

ずらりと並んだカニを見ると、中には黒いつぶのようなものがたくさん付着しているカニがあります。

見たところあまり感じが良くないので普通は避けてしまいそうですが、実はこれが身がしっかり入っている証なんです。

この黒いつぶのようなものは、カニビルの卵なんですが、カニは定期的に脱皮をしますので、これがたくさん着いているカニは脱皮してから時間が経っている、つまりしっかり身が入っている場合が多いのです。

是非、カニ選びの際に参考にしてください。

 

当ホテル 宿刈は来春オープンの予定です。

すでに、来春のご予約を承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

ホテル名称  宿 刈 (やどかり)
住   所  〒945-0315 新潟県刈羽郡刈羽村上高町甲173
電   話  080-2358-1933(女将さん携帯)

カテゴリー: information パーマリンク